山陽KSC

CALS時代に対応した地理情報をリアルタイムに、
リーズナブルにご提供します。


防災、福祉、道路、下水道、地籍、都市計画等の
管理業務に必要な地図とデータは、皆様の身近にあります。

測量業者がGISデータ作成に関わる理由

① 地方自治体が使用する地図(図面)が完全にはまだデジタル化されていないのが現状です。
② 従来地方自治体が主に使用されている地図(図面)はアナログですが測量業者が主に作成しています。
③ 地図(図面)に書かれている属性データに精通しています。
④ 各種台帳及び台帳図作成に関わっています。
⑤ 測量業自体がデータ加工業者です。
⑥ 地図データの基本となるX・Y・Zに対して、精通しています。
⑦ システムにとらわれず地図データ作成が可能です。
⑧ 現地作業と作図作業と地図データ作成をトータルに実施できます。

地域測量業者の優位性

① 地域の実状(地域特性)を把握しています。
② リアルメンテナンスが可能です。
③ 各種測量データが蓄積されています。