山陽KSC

個人情報保護対応プログラム(番号法にも対応)の内容&費用

Ⅰ 代表者の理念に基づく進め方の提案

<内 容>
 直接ご依頼の会社(本社及び主に個人情報を取扱う事務所)を訪問し、プライバシーマーク(以下、Pマークという)取得に対する代表者様の「理念」をお聞きした上で、現状の社内体制(設備を含む)の確認をし、取得に向けてのスケジューリング等のご提案をいたします。

<時 間>  1時間~

Ⅱ スタートアップと全従業者及びプロジェクトメンバーへの教育研修

<内 容>
 代表者様より、全従業者に向けて、Pマーク取得の宣言(キックオフ)と代表者の思いを具現するプロジェクトメンバーの任命をして、スタートアップします。
その後、当社編集の「JISQ15001:2006をベースにしたPMS(プライバシーマネジメントシステム)構築・実施及び点検のための指針」に基づいて、JIS規格及び個人情報保護法と番号法についての教育研修を実施し、自社に必要な社内規程を作り、正しく運用できるノウハウの取得を目指します。

(1)第1~4ステップ 個人情報保護方針作成、組織作り、作業計画、組織内周知
(2)第5~9ステップ 個人情報特定、法令・指針等の特定、現状認識とリスク分析、ルール決定
(3)第10~13ステップ 教育の実施、運用開始、点検・改善、見直し

<時 間> (1) 3日   (2)40日   (3)40日

<費 用>
サンプル規程集等・・・216,000円
コンサル対応・・・・・324,000円~


Ⅲ 申請~取得

<内 容>
 1サイクル終了後  プライバシーマーク審査機関への申請書類作成・提出、書類審査、現地審査、 審査対応、改善報告書作成、取得。

<時 間>
(1)申請書作成~書類審査 (自社対応又は一部コンサル依頼)30日~40日
(2)書類審査対応(自社対応又は一部コンサル依頼)・・・・・・・・10日
(3)現地審査 (審査機関)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 1日
(4)指摘事項対応(自社対応又は一部コンサル依頼)・・・・・・・・30日

<費 用>
コンサル対応1日当たり   54,000円


注 当社より30㎞以遠又は1時間以上交通時間が必要な場合別途旅費負担必要。